【2018年版】ソフトバンク光・フレッツ光を徹底比較!どちらの契約がおすすめ?

ソフトバンク光フレッツ光比較

光コラボレーションによってフレッツ光回線を利用したインターネット接続をサービス提供している事業者が近年増加しています。今回は、その事業者のなかでもソフトバンク光に注目します。

開通工事費用・通信速度・月額料金・カスタマーサポートなど、ソフトバンク光とフレッツ光のサービス内容を徹底比較してユーザーにとってどちらを契約すればメリットとなるのかを分析します。


ソフトバンク光とフレッツ光の開通工事費・初期料金について

光回線を開通させるには初期料金・開通工事費用が発生します。やはりユーザーにとって少しでも出費をおさえたい方が多いので初期費用が気になるポイントですよね。

それではソフトバンク光とフレッツ光の新規契約時に発生する費用を比較してみましょう。

  • 初期料金・工事費用一覧
通信事業者 初期料金 立会い工事 開通工事費
ソフトバンク光 契約事務
手数料
3,000円
お立会い工事あり
戸建て・初光ファイバー導入のマンションの場合
24,000円
建物内工事なし、室内工事のみの場合
9,600円
お立会い工事なし
光ファイバー導入済みのマンションなど
2,000円
(客先訪問はありません)
フレッツ光 契約料
800円
屋内配線の工程がある場合
※ファミリータイプ
18,000円
屋内配線の工程がない場合
※ファミリータイプ
7,600円
お客さま宅内の配線設備などを再利用し、お客さまご自身で回線終端装置などを設置する場合
※ファミリータイプ
2,000円
(客先訪問はありません)
屋内配線の工程がある場合 15,000円

 

もっとも標準的な例をもとに、上記の比較表をまとめますと、下記のような結果になります。

  • ソフトバンク光の初期費用

契約事務手数料3,000円 + 24,000円 = 27,000円

  • フレッツ光の初期費用

契約料800円 + 18,000円 = 18,800円

ソフトバンク光とフレッツ光の初期料金・工事費用比較結果

戸建てやマンションの住宅タイプにかかわらず初期料金・工事費用ともに約10,000円安くおさえることができるフレッツ光に軍配があがります。

ソフトバンク光・フレッツ光の月額料金はどちらが安い?

インターネット接続の契約は、更新月以外で解約してしまうと違約金を支払わなければなりません。そのため月額料金が安いサービスを選んで負担を軽くしたいと考えるユーザーが多いのではないでしょうか。

そこで今度は、ソフトバンク光・フレッツ光の月額料金を比較して、どちらを契約するとお得にインターネットが利用できるのかを分析してみます。

通信事業者 サービス名 月額料金 プロバイダ料金
ソフトバンク光 ファミリー・ギガスピード
(東日本)
ファミリー・スーパーハイスピード
(西日本)
4,700円(5年契約) なし
5,200円(2年契約)
マンション・ギガスピード
(東日本)
マンション・スーパーハイスピード
(西日本)
3,800円(2年契約)
フレッツ光 ギガファミリー・スマートタイプ 4,600円(2年契約) 500円~1,200円
500円~1,200円
ギガマンション・スマートタイプ 2,950円~3,950円
(2年契約)

 

標準的な例をもとに、上記の比較表をまとめますと、それぞれの月額料金は下記のような結果になります。

  • ソフトバンク光の月額料金

月額料金  5,200円 + プロバイダ料金なし = 5,200円
※戸建ての2年契約の場合

  • フレッツ光の月額料金

月額料金 4,600円 + プロバイダ料金500円~1,200円 = 5,100円~5,800円
※戸建ての2年契約の場合

ソフトバンク光・フレッツ光の月額料金の比較結果

フレッツ光の月額料金の内訳は、回線使用料金+プロバイダ料金です。余談ですがプロバイダ料金は、ユーザーの選択によって使用するプロバイダを選定できますが、プロバイダによって請求日が異なりますのでフレッツ光の月額料金として合算されて請求されない場合があります。(回線使用料金とプロバイダ料金が別々で請求される)

マンションタイプの月額料金を確認すると、同じ建物内でフレッツ光の見込める契約数によって回線使用料金が2,950円~3,950円内で変動します。最も安いプランで契約を検討していたのに、実際は3,950円になってしまうということも考えられますのでマンションタイプの場合は事前に確認が必要です。

単純に料金のみを比較するとフレッツ光のほうがコスパは良いですが、請求関係や料金が一律であることからユーザーにとってはソフトバンク光が分かりやすく、使いやすいのではないでしょうか。ひとまず比較結果としては、フレッツ光に軍配があがります。

ソフトバンク光とフレッツ光の通信速度はどちらが速い?

ユーザーにとって最も気になる通信速度の比較です。

契約したのはいいですが、いざ使用してみると「ネットになかなかつながらない」、「動画がカクカクして見られない」など通信速度や品質は、事前に確認したいと思うユーザーが多いのではないでしょうか。

実はソフトバンク光とフレッツ光の回線は同様の回線になります。

なぜかというと、コラボレーションによってフレッツ光の回線を転用してソフトバンク光がユーザーに光回線を提供しているからです。

余談ですが通信速度や品質に影響するのは大きく2つ考えられます。

1つはプロバイダです。プロバイダは、契約者の通信をNTTの基地局から自社サーバーを介してインターネットに接続します。この際、プロバイダのもつサーバーの台数やスペック(処理能力)が、ユーザーが一斉にアクセスした際に処理ができないと通信速度に影響してしまう可能性が考えられます。

※現在のプロバイダは機器の改修・増設などを実施して、混雑を回避させる運用に取り組んでいます。

もう1つは、ユーザーが使用しているPCやケーブルによって通信速度が遅くなる場合が考えられます。PCの処理能力、セキュリティソフトで表示されるのが遅くあたかもインターネット接続の通信速度が遅いからと単純に勘違いしてしまうユーザーが多く存在しています。

また使用しているケーブルの種類により帯域が絞られていることが考えられます。

通信速度の比較結果

回線はソフトバンク光・フレッツ光とも同様の回線を使用していますので、プロバイダに違いはありますが、論理上は両社とも最大1Gppsの通信速度と品質をユーザーに提供しています。よって通信速度は同等レベルだといえます。

ソフトバンク光とフレッツ光のお得な割引サービスは?

ソフトバンク光・フレッツ光にはどのような割引サービスがあるのか比較してみます。ユーザーにとっては重要視するポイントは、月額料金の比較項目でも記載しましたが、いかに月額料金を安くして年間の支出を減らせるかだと考えます。

それではさっそくソフトバンク光・フレッツ光の割引サービスを紹介します。

通信事業者 割引サービス 割引対象 説明
ソフトバンク光 おうち割
光セット
ソフトバンク携帯の月額料金 ソフトバンク携帯を契約しているユーザーの月額料金を契約プランに応じて毎月1,000円割引。家族が4人ソフトバンクユーザーの場合、毎月4,000円の割引サービスを受けられます。
フレッツ光 光はじめ割 フレッツ光の月額料金
(戸建て)
4,300円(プロバイダ料金別)
フレッツ光の月額料金
(集合住宅)
2,850円~3,950円(プロバイダ料金別)
グループ割 フレッツ光の月額料金 家族や友達同士で2回線又は3回線のグループを組んで割引申し込むと毎月300円割引サービスを受けられます。

 

フレッツ光は、「光はじめ割」を申し込むことでフレッツ光の月額料金(プロバイダ料金別)を通常よりも安くおさえられます。また友達や家族で2、3回線をまとめて申し込むと「グループ割り」の適用で毎月の月額料金が300円割引される仕組みです。

一方、ソフトバンク光は、ソフトバンク携帯のユーザーにとって嬉しい毎月1,000円の割引がうけられる「おうち割り 光セット」が存在します。ソフトバンク携帯の契約者が1人なら毎月1,000円の割引になりますが、家族が5人いた場合はどうでしょうか?

5人家族がソフトバンクの携帯を使用していた場合、毎月5,000円の割引になります。

この割引金額は、ソフトバンク光の月額料金とほぼ同額になりますので、実質無料でソフトバンク光のインターネットが利用できる計算になります。

ソフトバンク光とフレッツ光のお得な割引サービスの比較結果

ソフトバンク携帯を利用しているユーザーは、家族構成が多ければ多いほど毎月の割引額が大きくなります。家族5人構成だと実質無料でソフトバンク光が利用できる金額と約同額(5,000円)の割引が受けられます。

お得な割引サービスの観点で比較すると、ソフトバンク光に軍配があがります。

キャッシュバックキャンペーンはソフトバンク光・フレッツ光どちらがお得?

では最後に、あまり知られていないキャッシュバックキャンペーンに関して比較をします。

ソフトバンク光、フレッツ光では新規顧客獲得・転用顧客獲得のためにキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックを取り扱う代理店は数多く存在します。しかしキャッシュバックを申し込む場合、高額キャッシュバックを取り扱う代理店には特に注意が必要です。

フレッツ光のキャッシュバックキャンペーンを取り扱っている代理店のWEBサイトの一部を確認してみましょう。下記の表のように、キャッシュバック金額は加入する有料オプションによって変動しています。

そしてもう1つ、このキャッシュバックの適用条件として24ヶ月利用しなくてはいけません。

例えばフレッツ光+光電話エースプラン+指定プロバイダの場合、このプランを契約すると40,000円キャッシュバックがもらえます。高額キャッシュバックでユーザーにとっては大変嬉しいですよね。

しかしよく考えてみてください。

通常の月額料金だと
2,650円+500円=月額料金3,150円
キャッシュバックの対象になるには
2,650円+2,280円+1,200円=月額料金6,130円

その差額2,980円
それを24ヶ月支払い続けると・・・7,1520円

キャッシュバックを4,0000円もらっても最終的にキャッシュバックでもらえる金額よりも支払金額が大きくなっています。これではキャッシュバックの意味がありません。

高額キャッシュバックキャンペーンの文言に釣られて、オプション契約や適用条件をしっかりと確認しないと最終的に大損することになります。

フレッツ光のキャッシュバックキャンペーンは、ハードルが高い適用条件を設定している代理店が多い傾向です。

続いてソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを分析します。

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを取り扱う代理店数は、フレッツ光よりも多いです。注意点としてソフトバンク光のキャッシュバックには、新規契約転用契約かによってキャッシュバック金額に差額が発生します。

契約種類 キャッシュバック額
新規契約 20,000~80,000円
転用契約 1,2000~2,0000円

これから契約を検討しているユーザーは、まず自分がどの契約種類になるのかを事前に把握することが大切です。

ソフトバンク光でも一部の高額キャッシュバックを取り扱っている代理店は、申し込み者が知人を紹介し、知人もソフトバンク光の契約をすることでようやくキャッシュバックの適用条件を満たせるというハードルが高いものも存在します。

フレッツ光と同様にキャッシュバックの適用条件と内容については申し込む前に必ず確認するようにしましょう。

ソフトバンク光とフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンの比較結果

フレッツ光には高額キャッシュバックを取り扱う代理店が多いのですが、適用条件のハードルが高く、しっかりと内容を確認しなければ最終的に大損する場合がありますので注意してください。

ソフトバンク光の場合は、新規契約と転用ではキャッシュバックの金額に大きな差額が発生しますが、キャッシュバック適用条件のハードルが低く設定している代理店が多数存在しています。

比較結果として適用条件のハードルを考慮するとソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンに軍配があがります。

まとめ

初期料金・工事費用はフレッツ光を契約すると安く出費をおさえることができます。

通信速度の品質はソフトバンク光・フレッツ光とも同様です。月額料金に大きな差額はありませんので料金体系の分かりやすさと請求がまとめられるのを重要視するならソフトバンク光がおすすめです。

さらに家族がソフトバンク携帯を使用しているならスマホ料金の割引サービスも受けられますので迷わずソフトバンク光を契約することをおすすめします。その場合、年間数万単位でお得にソフトバンク光の利用が可能になります。

初期料金と工事費の負担は、キャッシュバックキャンペーンでユーザー自己負担もないことからこれからソフトバンク光、フレッツ光のどちらを契約しようと悩んでいるユーザーにはソフトバンク光が適しているといえます。

初期料金・工事費用など自己負担をなくし、キャッシュバックでお得にソフトバンク光を契約するなら株式会社NEXT(ネクスト)の利用がおすすめです。

ユーザー評価が高く、実績が多数ありますので安心してお任せできる代理店になります。セールストークが苦手なユーザーには嬉しいWEB申し込みも受け付けています。

  • 株式会社NEXT(ネクスト)の特徴
  1. 選べるキャッシュバックのパターン 30,000円または25,000円+高速無線ルーター
  2. 工事費実質無料
  3. 開通前にインターネット接続機器の無料レンタル
  4. ソフトバンク株式会社より受注品質及び顧客対応品質において表彰された実績あり
  5. 他社違約金・撤去工事費全額負担
  6. 強制オプションの加入なし
  7. WEB申し込みで手続きが簡単
  8. 振込みまでの期間が最短2ヶ月

光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】



こちらの記事も一緒に読まれています:
>>ソフトバンク光はキャッシュバックキャンペーンでお得に契約!
>>ソフトバンク光のお得なキャンペーンを徹底調査!!

コメントを残す